空気をつくる仕事

趣味と暮らす家

鎌ケ谷市「趣味と暮らす家」。
左官屋さんが壁と天井に漆喰を塗り始めました。

漆喰は、室内の湿気が多いときは吸って湿度を下げ、
湿気が少ないときは、湿気を放出して湿度を上げるという
調湿効果を持っています。
アルカリ性なので、カビが生えづらいという
特徴もあります。
湿気だけでなく、ニオイも吸着するという性能もあって
生活臭を抑える効果があるとも言われています。

その漆喰の仕上げをコテの動きを残すように
少し凹凸をつけて左官屋さんに仕上げてもらいます。
凹凸のなることで表面積が少し増え、
それぞれの効果が増していきます。

左官屋さんは、壁や天井をつくっているようでいて
実は、空気の質をつくる仕事とも言えるのです。




*このブログは平日10:30、土日祝日は8:30に
 毎日更新しています。

事前相談
資料請求
お問合せ
スタッフ募集

住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会

関連記事一覧