ガレージの鉄筋

鎌ケ谷の家D

「鎌ケ谷の家D」は、ビルトインガレージがあり、
ガレージと住宅部分は段差があります。

基礎も、それにならって段差があり、
ガレージ部分の土間を先に打つ必要があって
配筋検査をしてきました。

いくつか指摘事項があり、構造設計者とも協議して
問題点を解決できました。

配筋自体は、とても丁寧な仕事でした。
問題は、捨てコンクリートが少し厚くて
地中梁の成(大きさ)を小さくしてしまうことになるところが
あって、そこをどう直すか?ということでした。
直し方は、至って当たり前の方法なんですが、
ただ、「必要な厚さにするように、打ち増しする」ということです。

地中梁の高さを示す磁石の位置や土間の厚さを示していた
ビニールテープをやり直して、来週早々の打設になります。

「四街道の家」の斜めの基礎も、この鳶さんによるものでした。




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求