下地処理・下塗

椿山の家

埼玉県「椿山の家」では、仕上前の工事が進められています。

上の写真は、内装の和紙を貼る前の下地処理の様子です。

丁寧にパテを塗り、サンドペーパーでそのパテを削り平滑な下地を作ります。




外部では左官屋さんが “ 描き落とし仕上 ” の前の下塗りをしてありました。

アップで見ると、

クラック(割れ)が入りにくいように

全面にファイバーネットが下塗りの下に塗りこまれています。

こうして、しっかりと下処理がしてあるので

仕上が綺麗になるんですね。

地味ですが、とても重要な仕事なんです。

仕上工事よりも下地処理や下塗りの方が大事で、

下地処理、下塗りの出来で、仕上の善し悪しが決まってしまいます。

ということで、仕上が楽しみな下地処理、下塗り工事でした。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させて戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求