内部の高さを検討

鎌ケ谷の家D

せっけいを進めている「鎌ケ谷の家M」と「鎌ケ谷の家D」。

展開図を描いて絵を飾る位置を検討。

壁ととのバランス、ソファやペレットストーブとの関係を図にして確認してみる。

風を通すために設けた引戸や窓の位置を検討。

位置が高すぎると、ベッドで寝ているときに風を感じなくなるので

ベッドとの高さ方向の関係を考慮して位置を決める。

玄関の天井高さを検討。

リビングは天井を高くしているので、その高さをより感じてもらうために

あえて玄関の天井は低めで検討。

そうすることで玄関引戸を天井までつくっても

玄関引戸が反ったりするリスクも軽減できる。




建て主さんと、展開図と言う図面で、こうしたことを検討したり、

造作家具や棚の位置なども検討していますしていき

内部空間をつくっていきます。


建て主さんそれぞれで、使い方が違うので、

高さ方向の寸法も変わってきます。

それが住宅の個性をつくることが多々あります。

しかし、そうした部分は写真には写り辛いので、

お伝えしにくいのが難点です。笑




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性(母)




「鎌ケ谷の家D」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:75.02㎡(22.66坪)

住まい手:女性(娘)




お問合せ

住宅相談会・勉強会

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求