浮かび上がる鏝あと

「ひらく間」マンションリノベーション

さきほど、明日の完成見学会の準備で

成田市のマンションリノベーションの現場へ行ってきたのですが、

建具屋さんが引出前板にハンドルを付けてくれていたり、

塗装屋さんが、最後の調整をしてくれていたりしていました。

最後の最後まで、こうやって作業をしてくださっていて

本当に有難いことで、頭の下がる思いです。




電気屋さんが、間接照明器具の向きを直してくれてあって

点けてみると、天井の鏝跡が浮かび上がり、

唯一無二の何とも言えない表情をつくり出していました。

きっちりと金鏝でフラットに押えられた天井は、

照明を消すと、何事も無い様な表情なんですが、

照明を灯すと、迫力のある表情に変わり、

左官屋さんの気迫を感じることができます。

こういう仕事が “ 職人技 ” と言うんだなぁと、つくづく思いました!




ひらく間」-成田のマンションリノベーションー

場所  :千葉県成田市
改装内容:築16年のマンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)
規模  :75.83㎡(3LDK)
住まい手:女性1人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997




お問合せ

住宅相談会・勉強会

住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会