木を隠すことで木が出てきました

白子の家

南房総市「白子の家」は、ボード張りが進められ、

下地の木が隠されていくと同時に、あらわすべく計画した木が出てきました!

現場に着くなり、建て主さんとバッタリ遭遇しました!

で、早速、建て主さんは施主工事である内部枠や棚の塗装を始めました!!

難しい仕事では無いのですが、根気のいる大変な仕事です。

そんなときでも、にこやかな建て主さん。素敵です。

棟梁は、棚の取付や取付けた部分の防湿層を整えたり、

造作家具の製作をしていました。

「白子の家」には、ちょっと変わった部屋があるのですが、

今日は、入口部分のみ紹介します。

にじり口の様な低い入口から入る部屋があるのですが、

詳しいことは、また後日ご案内します。

木製引込戸の枠も付き、

もうすぐ仕上工事が始まります。

外から見ると、マキの木がなんとも良い雰囲気を醸し出しています。笑

中から見ると、夏ミカンの実の橙色がアクセントになって

良い風景をつくっています。




一足飛びで、もう完成して欲しい!!と、思う気持ちもありますが、

あせらずに、しっかりした仕事をしてもらって

良い家に仕上ていきたいと思います。




「白子の家」

白子の家2回目模型木製全開サッシ正面

千葉県南房総市

家族構成:夫婦+子供2人

構造規模:木造平屋建て(一部ロフト)

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997


お問合せ

住宅相談会・勉強会

住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会