軒の出

印旛の家

昨日は “ ダイレクトゲイン ” について書きました。

そのときに軒の出について少しふれましたので、

今日は “ 軒の出 ” の事例をアップします。





大原の家


印旛の家


アオハダの家


アオハダの家


アオハダの家


白子の家


蓮田の家


蓮田の家




ある程度敷地に余裕のあるときは、軒を深く取る様にしています。

そうすると「軒下空間」が生まれます。

この「軒下空間」は、外部なのに内部の様な曖昧な空間で

開放的なのに、安心感も同時にあると言う

不思議な心地良さを持った場所になります。

ダイレクトゲインのことを書いたときにも少しお話したように

この軒の出が、日射をコントロールして、

夏は日陰をつくり涼しさを

冬は奥まで日差しを届けて暖かさを得ることができます。

また、軒を出すことで外壁を保護する機能もあります。

不意の雨には、雨宿りだってできます。

そう言えば最近雨宿りって言う言葉を聞かなくなりました。

軒が無い家が多いからでしょうか。




お問合せ

住宅相談会・勉強会

家づくりをお考えの皆さまへ

事前相談・資料請求できます。
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」を行っております。
進め方などの資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求お申込み