傾向

日記

なにかをパターン化するのは嫌いなんですが、

『「心配性からくるネガティブ」と「傲慢なポジティブ」は、

建築士の試験に落ちやすい』という、実感があります。

心配性過ぎて、なかなか決断できずに、制限時間が来てしまうパターンと、

傲慢過ぎて、全く違うのに「ま、これで良いでしょ」って

勝手に解釈して間違った答えを突き進めてしまうパターンを良く目にします。

合格する人は、心配性と傲慢さの丁度中間というか、

そのバランスがとても良いのです。

そのバランスを良くするために、勉強が必要ということです。

そんな話を今日のお昼、スパゲティーを食べながらしていたのでした。

住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会