寸法

日記

今日は、先ほどまで打合せ。

必要な部屋の広さについて、いろいろと打合せをしました。




寸法というのは、物理的なものではあるのですが、

その数字にまどわされることに注意しないといけません。

人間が感覚的に感じる寸法(量)は、その「単なる数字」ではないのです。

数字的には小さくとも、感覚的には大きいなんて言うことはよくあります。

その逆もしばしばありますので、気をつける必要があります。

そればかりか、物理的な寸法と感覚的な寸法が同じ場合だってあります。

だからこそ、感覚的な寸法で考えて、それを物理的な寸法に置き替える

設計というものが必要になってきます。

住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会