床暖房の床

日記

今日は、暖かかったですけど、

まだちょっと肌寒い日があって、もう少し暖房のお世話になりそうです。




うちのアトリエは、2年前に改装したとき、

電気式の床暖房を入れました。

床は杉の無垢材です。厚さは15ミリです。

床暖房の床1

床暖房の床2

特に目立った隙間や狂いもありません。

いや、ちょっとくらい隙間があいたり、狂っても良いと思っていましたし、

いまだって、そう思ってます。

ちょっとの隙間や狂いがあっても、床が抜けたりすることは当然ありませんし、

使い勝手に支障をきたすなんてこともありません。

いままでも、いろんな家で、無垢の杉やサワラの床に

電気式の床暖房や温水式の床暖房を入れてきましたが、

問題になったことはありません。

床暖房のメーカーは、

「指定した床材(主には、合板を基材とした複合フローリング)で仕上てください」

と、指定してきます。

無垢の、しかも針葉樹の床は、メーカーにとってはリスクの高い

床材ということです。

私たち設計者も

もちろん、ただ無分別に、乾燥の良くない無垢の床材を使うと

問題になるかもしれませんので、床材を選ぶときは、

特に乾燥状態には注意が必要です。

あと、「この床なら大丈夫」と判断できる経験値も必要かもしれません。




杉やサワラの場合、柔らかいので、他の床材に比べて

もともと暖かいのですが、床暖房にすると「ありがたい暖かさ」に

変わる様に思います。笑




いま工事中の「蓮田の家」も電気式の床暖房に杉の床ですし、

「おゆみ野の家」は温水式の床暖房に杉の床です。

どちらも、その暖かさを体感するのが、今から楽しみです。

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求