継手

印旛の家

「印旛の家」の化粧梁の一部。

追掛大栓1

追掛大栓2




よく目を凝らして見ると、この梁は2つの部材が繋がって出来ていることに

気がつかれると思います。



伝統的な継ぎ方で追掛大栓と言います。

非常に堅固な継手で、繋いだ部分から壊れることはないとされています。

これは、この現場が大工の「手刻み」によるものだからこそ、

この継手が出来ているのであって、

いまや一般化したプレカットでは「腰掛鎌継」になります。

腰掛鎌継が悪いわけではなく、追掛大栓がより強い継手ということです。

この「より強い」ということは構造計算では無視される部分ですので

手間のかかる追掛大栓にする必要がないのですが、

そこは大工がこの家のことを想って「折角、手刻みだから追掛大栓にしよう」と、

手間を惜しまずにやってくれたということです。




追掛け(大栓継)(おっかけ:だいせんつぎ)
桁など大きな部材に 用いる継手で、 相欠きに顎と襟輪をつけ、横から込み栓を打った
もの。込み栓を打たないと、追掛け継ぎである。男木・女木の区別はな く、両者が絡
む顎の部分には、1/10程度の滑り勾配を持たせて、継手が納まるに従って胴付き
部分が密着するように刻む。継手の中では、強固なものの一つである。現場では、
追掛けと呼ばれることが多い。
出典:建築用語集






「印旛の家」
千葉県印旛郡
木造平屋建 110.48㎡(33.53坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

お問い合わせはコチラからお願いします。

家づくりをお考えの皆さまへ

事前相談・資料請求できます。
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかを
お話させていただくと同時に、設計期間や工期、
大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」
を行っております。
「解説付・設計事例集」と、進め方などの資料のみの
ご請求も可能です。

事前相談・資料請求お申込み