おゆみ野の家

-ルーフデッキのある暮らしー

  • HOME
  • おゆみ野の家

家族のために、家族のための家をつくりたい!

 

数年前に土地を手に入れ、転勤も一段落し、お子さまたちも成長したことを機に、家づくりを進められました。
奥さまの家への強い気持ちがあって、家づくりは奥さま中心に進んで行ったのですが、ご主人のご家族への愛情が、この家をまとめていったと思います。当たり前のように聞こえてしまうかもしれませんが、その感覚とは少しだけ違い、ご主人は、あまり主張をせずに、つねに奥さまやお子さんたちのサポートに徹していて、要所では的確な発言をされ、家づくりを楽しい方向へ導いてくださっていました。ご主人からは “ 家族のために、家族のための家をつくる ” というお気持ちを私たちはいつも感じていました。

この家の特徴は ” 四方を囲まれたルーフテラス ” があることです。
2階の子供部屋と寝室の間に外部空間である “ ルーフテラス ” を設け、北側にある寝室に太陽光を届けるようにしています。また、このことで子供室、寝室、廊下の通風性能が上がります。
外部からの視線を遮っているので、窓を開け放し開放的な暮らしができます。
緑をちりばめたこのデッキでは、家族で夜空を眺めたり、ご飯を食べたり、お茶を飲んだりと、
暮らしを豊かにしてくれます。
建て主さんは、ここで卓球をすると仰っていました。

1階の家族室(リビング・ダイニング)と同じ空間にあるスタディスペースは、本棚に囲まれ、
庭に面した場所にあります。
仕事や勉強、趣味を楽しむためのスペースとして用意しました。

リビングとスタディスペースに面した庭は、小さいながらも緑豊かなスペースになっています。
縁側と小路もあり、女性造園家の手によって風情のある空間にしていただきました。

リビングは、天井に仕込んだロールスクリーンを下すと、客間スペースになります。
ロールスクリーンで仕切った状態で、手洗いやトイレも利用できるようなプランになっています。
年に数度ほどの来客者の宿泊の為に普段使わない客間を用意するよりも、可変性のある空間づくりをしておいた方が、経済的にも機能的にも良いと思います。

浴室は緑のある坪庭を設けて、入浴が楽しくなるようにしています。坪庭があることで、窓を開けておけるので換気性能が向上します。

キッチンの奥には3畳ほどのパントリーを設け、食品の買い置きや、いままでお使いになっていた食器棚を置き、普段使いの食器などを仕舞えるようにしています。

ポーチを延長するような形で、倉庫兼自転車置き場を外部に設けました。
スキーの板やキャンプ用品、タイヤなど雑多なものが仕舞えて便利です。

床面積を確保するために軒の出を無くしたことから、外壁には耐久性と水切れの良いガルバリウムの一文字葺きを採用しています。
この外壁は既製品ではなく、板金屋さんが一枚一枚、手でガルバリウムを折り、一枚一枚、留めていき出来上がっています。
ガルバリウムという硬い素材が、人の手でつくられることで、どことなく柔かい雰囲気を醸し出しています。

 
 

設計監理

野口修アーキテクツアトリエ

施  工

有限会社田中兄弟工務所


木造2階建て 延べ面積115.39㎡
(34.86坪)


 
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider
 

家づくりをご検討されている皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」を行っております。
当アトリエの進め方など、資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求