設計者の小さなアトリエ

ー地下の作業場ー

家づくりがはじまる場所であり、生活の場でもあるアトリエ。公私混同の空間。

 

公私混同の空間。

図面を描き、模型をつくり、スケッチを描き、打合せをする場所である。
と同時に、毎日、料理をつくり食べる場でもある。
キッチンでつくった手料理を肴に、仲間たちと一献傾ける場でもある公私混同のアトリエ。

 
 

地下に空いていた約5坪ほどのスペースを質素な材料であるラワンベニアを使い、大工の作業場のように “ 使いたおせる ” 空間を意識し、リノベーションしました。計画する際に、この場所を仕事のためだけにつくるのではなく、昼食や夕食もここで食べるという生活の場としても使うし、仲間と酒を飲む場所としても使えるようにしたいと思い、この規模の事務所としては、しっかりとしたキッチンスペースを確保し、食器や調理器具を収納するスペースを確保しています。

既製品は使いたくない。
大工の手で家具をつくり、そういう空間で仕事をしたいし、生活をしたい。これは、設計を依頼してくれた建て主にも、そういう暮らしをして欲しいし、私自身に対しても同じです。“ 手づくり ” は人件費がかさみ、無分別にしているとコストばかりかかってしまいます。そこでまずは簡単なところから。材料を質素なものにして材料費を抑える。それが今回の場合、ラワンべニアです。その次に “ つくり方 ” を見直します。同じ効果が得られて、手間のかからない方法、高度な技術を必要としない方法、材料を減らせるつくり方、などなど。自分の事務所なので実験的なことを含め、そういうことを地道に検討していき、コストを落としていきました。注意が必要なのは、質素な材料を使う場合は、納まりをラフにしないことが大事ということです。ラフな納まりにすると質素な材料は、たちまち “ 安っぽい材料 ” になってしまいます。ラフな納まりにしないことと、手間のかからないつくり方を同時に、両方とも成立するように設計することが肝になります。

 
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider
 

家づくりをご検討されている皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」を行っております。
当アトリエの進め方など、資料のみの
ご請求も可能です。

事前相談・資料請求