最後の現場監理

土間から四季を、呼吸する家

先日の設計検査と施主検査で指摘のあった部分の
是正工事の確認をしに葉山「土間から四季を、呼吸する家」へ。

建て主さんも葉山町役場へ行った帰りに現場にお越しいただき
現状を確認して戴きました。

出来あがったばかりの川沿いにつくったデッキで
楽しそうにしている建て主ご夫妻。

お子さんを保育園に迎えに行くために
このあと現場を後にされました。

私たちは、是正工事の確認をした後に、
建具の動作確認をしました。

土間と板の間は、普段は一体的に繋がっています。

来客などあった場合などは、壁に仕込んだ4枚引込戸を閉めると

空間が仕切られるようになっています。
昔の日本家屋のように空間を仕切ったり、繋げたり
自由自在に使えるようにしてあります。

その後、照明器具の動作確認など日が暮れるまで現場にいました。

今日で、現場監理は終わりになります。
約6ヵ月間、あっという間に過ぎていきました。

来週の月曜日にお引渡し予定です。




この「土間から四季を、呼吸する家」という名前は
建て主さんがお考えになったものなのですが、
どうしてその名前にされたのかは、
こちらのブログに書いています。
なるほどなーと、その当時思ったのと同時に、
建て主さんらしいなーと思ったのでした。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997



住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会