土間床の墨の量を検討

土間から四季を、呼吸する家

葉山「土間から四季を、呼吸する家」で、
土間床の “ 墨入りモルタル ” の墨の量を検討しました。

この家は、1階のリビング・ダイニング、キッチンが全て土間になるので
土間の色が空間に大きく影響を与えます。

“ 墨入りモルタル ” の墨の量が少ないと深みが出ませんし、
多すぎると暗すぎる空間になってしまうので
丁度良い量を現場の太陽光などを使って検討する必要があります。

それに加え、建て主さんの好みもありますので
総合的に考えて決めていくことになります。

今回は、上の写真の真中のサンプルよりも、
もう少し墨を入れた感じにするということになりそうです。




土間に墨入りモルタルを使った例は、

成田市のマンションリノベーションをした
ひらく間」の玄関土間

四街道の家」の玄関とシュークローク
(写真では少ししか写っていませんが、、、)

白子の家」の薪ストーブを置いた玄関土間

があります。よろしければご覧ください。




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させて戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求