地窓

四街道の家

いま設計中の「鎌ケ谷の家D」のリビングに入る手前に地窓を

計画しています。

玄関に入って、すぐに外が見える、、、

「中に入ったのに、外が見える」と不思議な感じがすると同時に

それほど広くない空間も少し広く感じる、そして緑が見えることで

気持良くなるという演出です。

ただ、ここで庭が全部見えてしまうと、

リビングに入って庭を目にしたときの感激が減ってしまうので

地窓にして、足元だけチラッと庭を見せるということにしています。

また、地窓があることで風通しや換気もできるようになり、

空気質的にも快適になります。




いままでも「2to3 HOUSE」の玄関ホールにも地窓を設けて

中庭を少しだけ覗かせて「鎌ケ谷の家D」と同じ効果を狙っています。




蓮田の家」も同じ意味で玄関ホールに地窓を設けています。






同じ地窓でも、先ほどとは少し違う意味で設けた例があります。

四街道の家」では和室に設けています。

和室は、座して過ごしたり、寝転がったして過ごすので、

風を感じていただいたり、地面ギリギリの景色を楽しんで戴くために

地窓を設けています。


西船の家」も風を感じていただくために、

和室に2つの地窓を設けました。






地窓があると、重心が下がるので目線が下がり

落ち着く気持になるように思います。

地窓の大きさが大きくなると掃き出し窓になるんですよね。

掃き出し窓になると、否が応でも外と思いっ切り繋がっちゃいますからね。

そこまで繋がりたくないというか、もうちょっと控えめに繋がりたいという

和の心が地窓をつくらせるんだろうなと、勝手に思って使っています。




お問合せ

住宅相談会・勉強会

オープンデスク受入

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させて戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求