ちばの木

白子の家

もうすぐ完成する「白子の家」は、

構造材全てを “ ちばの木 ” でつくっています。

販売管理票によると君津市の鬼泪山の杉ということ。

それを地元の大工の手で刻み、地元の大工がつくっている平屋の住宅。

千葉でつくられた材料を千葉で消費する千産千消だけでなく、

千葉の職人がつくる「千造」もプラスされた家づくりとなりました。

そして、この住宅は「ちばの木で住まいづくり支援事業 補助金」の交付を

していただいています。補助金額は25万円です。

米松を構造材として使う場合と、ちばの木を構造材に使う場合の

材料費の差額が25万円で埋まるまでにはなりませんが、

相当な部分を補填できると思います。

また、この家づくりには、建て主さんも積極的にかかわっていただき、

内外の木部塗装を全てやって戴きました。

こうすることで、将来のメンテナンスの練習にもなります。

そればかりか、建築費も抑えることができました。

自分自身が塗装したことで、家への愛着が増すことも期待しています。






「白子の家」

白子の家2回目模型木製全開サッシ正面

千葉県南房総市

家族構成:夫婦+子供2人

構造規模:木造平屋建て(一部ロフト)

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997




南房総市「白子の家」、4月22日(土)、23日(日)に完成見学会を

させていただくことになりました。

また、改めてこのブログなどで詳しくご案内いたしますが

もし、ご都合よろしければ是非お越し下さい。

お問合せ

住宅相談会・勉強会

オープンデスク受入

住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会