引戸

日記

あまり気がつかれてはいないのですが、

私が設計する家は、内部の出入口に関して、ほぼ100%引戸にしています。

引戸の方が生活する上で邪魔になりませんし、

風を通すために「少しだけ開けておく」ということがしやすいです。

引戸にすることぐらい簡単だと思われるかもしれないのですが、

引戸の場合は、それを引き込むための壁が必要になります。

しかも、全部の出入口を引戸にするということになりますと、

“ こちらの引戸を優先させるとあちらの引戸が引けなくなる ”

ということが起ったりします。

プランに制約が出てくると言うことになります。

それでもやっぱり引戸にしたいと思って、つくっているのです。

ただ、浴室はハンガーレールに浴室用が無いので

しかたなく開戸にしています。

玄関も、ハンドルや鍵(サムターン)が引きこむときに邪魔になり

引き残し寸法を大きく取り必要がありますので

引き代(引き込む部分のスペース)が取れる場合は

必ず引戸にする様にしています。

現在設計中の成田市のマンションリノベーションでも

浴室以外は全て引戸にしていますし、

いまやっているプランも、全て引戸で考えています。




ご自宅を検討されるのであれば、出入り口を引戸にすることを

お考えになられることをお薦めします。




設計例

お問合せ

住宅相談会・勉強会

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させて戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求