設計料改定

未分類

設計料を改定しました。

建築基準法や建築士法の度重なる改正があり、

申請業務や書類作成業務の作業量が増していくと同時に、

基本性能の要求も高まり、技術的な作業量も増大して行く中、

なんとか作業の合理化を図りながら、旧来の設計料でやってきましたが、

事務所としての努力も限界になり、設計料の改定を致しました。

<旧設計監理料>※税別、構造設計別途

■新築の場合(床面積に対して※3.31㎡=1坪)

本体部分:         90,000円/坪

ポーチ、ロフト、デッキなど:27,000円/坪

※最低設計料:2,000,000円

■リフォーム・リノベーションの場合(床面積に対して)

本体部分:         60,000円/坪

ポーチ、ロフト、デッキなど:27,000円/坪

※最低設計料:540,000円

<新設計監理料>※税別、構造設計別途

■新築の場合(床面積に対して)

本体部分:         32,000円/㎡

ポーチ、ロフト、デッキなど: 9,600円/㎡

※最低設計料:3,000,000円

■リフォーム・リノベーションの場合(床面積に対して)

本体部分:         21,000円/㎡

ポーチ、ロフト、デッキなど: 9,600円/㎡

※最低設計料:1,050,000円




詳しくは、「設計フロー」の『設計料』のページで新設計監理料をご確認下さい。




今現在、お話を戴いている方は、旧設計監理料にて実施させていただきます。

それに加え、8月末までにプレゼンテーションのご依頼を下さった方も

旧設計監理料にて、設計監理させていただきます。

何卒よろしくお願い致します。

野口修一/野口修アーキテクツアトリエ

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求