可変

おゆみ野の家

台風が来る前に「おゆみ野の家」の現場に行ってきました。

階段角の下地

階段の角の部分の下地を取付けていました。

この位置には、構造的な柱を建てることが一般的だと

思いますが、この現場では、構造的な柱にはせずに

将来、取外せるようにしています。

万が一、車いすでの生活を余儀なくされたとき、

この角に入れた下地を薄くして、通路幅を確保したり、

トイレと洗面を一体空間にすることを想定しています。

階段を支えるのに使う下地なので、そう簡単に取外すことは

できませんが、技術的には可能です。

ちなみに、この家は2階の子供部屋の柱も無くして、

将来、壁を取って大きな空間をつくることが

可能な構造にもしています。






「おゆみ野の家」

千葉県千葉市
家族構成  夫婦+子供2人
構造・規模 木造2階建(120.28㎡/36.38坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会