物置

日記

物置であっても、簡単に壊れて良いということでは無い。

でも、家と同じレベルで費用を掛けて、ちゃんとつくるというのも

建主さんにしてみれば「そこまでしなくても」ということになる。

私も、そう思う。

いま工事中の「蓮田の家」も、物置を家と一緒につくることになっていて、

“どこまできちんとつくるか?”を検討した。

基礎はブロックで、土台と柱、梁でつくる普通の軸組工法でやることにした。

筋交いでは無く、構造用合板を使って地震や風で壊れないようにしている。

屋根も外壁もガルバリウムの小波板。

引戸が2つあって、2つとも、大工と板金屋でつくれるように考えた。

つくり方や素材は、住宅に比べれば簡素且つ質素だが、

「つくり方を考える」ことと「図面を描く」ことに関して言えば、

住宅と同じ位、時間も手間もかかっている。

“簡単につくる”を考えることは、意外と簡単では無いんです。

住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会