軒下・軒先

穴川のアトリエ

昨日、こちらでは雪は降らずに冷たい雨が降っていました。

自宅から歩いて、アトリエに来ると、

まず「軒下空間」が、迎えてくれます。

雨が降っていても、外部空間なのに雨に濡れずに

傘を仕舞ったり、ゆっくり鍵を出して玄関引戸を

開けることが出来る空間です。

この空間があることで、とても気持ちが豊かになります。

軒下空間

もう少し、よく見ていくと、

雨の落ちてくる部分と雨が落ちてこない部分の境目に

気が付きます。

軒先

この“境目”を軒先と言いますが、

軒先のつくりをどうするかで、雨の落ち方、切れ方が違ってきます。

軒裏まで雨がまわってくるような野暮な感じにしたくないので、

軒先でしっかり雨が切れるようにつくろうと、心がけています。

それがたまたま上の写真の様なカタチになってあらわれ、

全体の中の一部として組み込まれて行きます。

そして、この“軒先”のつくりによって、

気持の良い「軒下空間」もつくられていくと思います。




日々の暮らしでは、当たり前すぎて見過ごしがちなことですが、

人の暮らしは、こうした小さな配慮で守られ、豊かなものに

なっていることに、これからも気付いていきたいと思います。

「穴川のアトリエ」

設 計 監 理 野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
TEL 043-254-999

お問い合わせはコチラから

家づくりをお考えの皆さまへ

事前相談・資料請求できます。
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」を行っております。
進め方などの資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求お申込み