手帳

日記

今日は、見積書のチェックをしていて

一日、アトリエに籠りっきりでした。

見積書のチェックが一段落した時、

頭を一旦リセットするために、

2010年~2014年の手帳に書いた「言葉」を

見返していました。

手帳


その中には沢山の言葉書かれていて、

どれも大事な言葉だったのですが、

今日は以下の一文を記しておきたいと思います。




「私たちは『無意識(の部分)』をつくっている。

 その空間に入った人が“なんかわからないけど、良いな”と感じるのは、

 無意識的に何かを感じているからだ。私たちはその『無意識』を

 キチンと図面化し、カタチにし、言葉にすることが出来る。」

2014.1.5(意外と最近でした)




このことは、建築家としての考え方があらわれています。

私の場合は、それをカタチにするのに、特に細部にこだわっています。

細部にこだわると言っても「無意識的に良いと感じることができる」範囲でです。

ですので、それ以上のディティールは必要ないので、

もの凄く凝った納まりにはなっていません。

その微妙な加減が大事だと思います。

もし、ご興味ございましたら、無意識をカタチ化した

アトリエにお越しください。笑

お待ちしております。

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させて戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求