木製全開サッシ

アオハダの家

現在、設計をすすめている住宅にも木製の全開サッシを

予定していますが、いままでつくってきた多くの住宅にも

木製全開サッシを採用してきました。

魅力は、なんと言ってもオープンカーの様に

窓を開けると、そこは「たんなる穴」になり、

内部と外部が一体的になるところです。

大原の家 全開木製サッシ


これは「大原の家」で、父娘のためにつくった別荘です。

東南の角に設けた木のサッシを全開すれば、

広い森のような庭と広間が一体的な空間になります。


ANA nHOUSE 全開木製サッシ


こちらは「ANA nHOUSE」です。5メートルを超える幅を持つ

木製全開サッシを開けると、大きなデッキの中庭と家族室がつながります。

大きな窓でも、中庭に面しているので、外からの視線を気にせずに

開放的な暮らしが出来ます。


2to3HOUSE 全開木製サッシ


そしてこちらは二世帯住宅の「2to3 HOUSE」です。

中庭を挟んで親世帯、子世帯が配置されています。

その各世帯を繋げる中庭に面して全開サッシが設けられています。

窓を開け放てば、中庭と室内がつながり、同時に各世帯も繋がる計画です。


アオハダの家 全開木製サッシ


この住宅は「アオハダの家」です。

こちらは、今までご紹介してきた家と違い、

木製全開サッシが掃き出しではなく、つくり付けられた

ソファーの上についています。

しかも庭では無く、北東に広がる田園風景を暮らしに採り込むように

計画されたものです。

窓を開けると、風景とともに草木に香りが室内に採り込まれ、

この土地ならではの暮らしを味わうことが出来ます。




木でつくられた全開サッシのある住宅は、

外を室内に取込み、開放的な暮らしを与えてくれます。

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求