大きな本棚

ちはら台の家

午後から今年初めての「ちはら台の家」へ。


本棚組立1


リビングの大きな本棚の組立てがはじめられていました。

大きさに加え、米杉の素材感とボリューム感が、

インパクトのある本棚にしているように思います。


棚板部掘り込み

棚板設置


キチンとした仕事が、本棚自体の質を高めています。

これは、加工技術という機械的な「質」が高まるということよりも、

「良い本棚をつくろう」、「使う人に喜んでもらいたい」という、

その気持ちが込められ、精神的な「質」が高まっていると思います。

米杉とは言え、ある程度の堅さがあります。

それを、キズが付かないようにという気持ちと、微妙な力加減を調整するために

素手で棚板を叩いて、掘り込んだ部分に入れて行きます。




2階では若い大工が今日も下地を丁寧に入れていました。

この仕事が仕上を良くすることは、言うまでもありません。


ch20140109cp


工期が遅れ気味の現場ですが、

丁寧な仕事を目にして、時間のことばかり言いにくくなりました。

現場を監理するものとして本当はいけないのでしょうが、

筋が情に負けてしまっています。汗






「ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

お問い合わせはコチラからお願いします。

住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会