本棚(古材利用)

印旛の家

江戸後期に建造の御母屋で使われていた松丸太を

挽いて、板材にし、それを今回の新築で本棚として再生しました。


古材を利用した本棚1

古材を利用した本棚2

古材を利用した本棚3


時代を感じさせる表皮の煤の黒い色と、

挽いたことでこの世に出てきた梁の内部の表情は

その当時の松の木目であり、白い木肌の色が特徴的です。

写真で見ると、簡単に棚板が取り付いたように見えますが、

松丸太は曲がっているため、そのままでは棚板として使えず、

曲がった部分にもう一枚の板を接いでいます。

玄関から入ってすぐに目に飛び込んでくるこの本棚。

存在感ありすぎます。笑






「印旛の家」
千葉県印旛郡
木造平屋建 110.48㎡(33.53坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

お問い合わせはコチラからお願いします。

家づくりをお考えの皆さまへ

事前相談・資料請求できます。
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかを
お話させていただくと同時に、設計期間や工期、
大よその総工費についてご説明させ戴く「事前相談」
を行っております。
「解説付・設計事例集」と、進め方などの資料のみの
ご請求も可能です。

事前相談・資料請求お申込み