下地の森

ちはら台の家

軽量鉄骨の住宅をフルリノベーションしている「ちはら台の家」。




森の様な下地材


下地材の材木が人工的な森をつくっている。




階段と部屋を繋ぐ開口部の下地


突然空いた、枝と枝の隙間のように階段と部屋を繋ぐ

大きな開口の下地がつくられていた。




その枝をどうやって掃おうか考えるように、

5分の1のスケールで描かれた図面を大工が眺めていた。


図面を眺める大工






「ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

お問い合わせはコチラからお願いします。

家づくりをお考えの皆さまへ

事前相談・資料請求できます。
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させて戴く「事前相談」を行っております。
進め方などの資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求お申込み