印旛の家

建具は必要なときに現れて、必要が無い時は消える。

これは比喩としてだけでなく、現実の機能としてもそうあるように設計します。

「有る」と「無い」を同時に考える、

その最も顕著な部分の一つが枠廻りであり、建具であります。

タモの鴨居


存在を極力抑えた枠


壁しゃくりされた枠






「印旛の家」
千葉県印旛郡
木造平屋建 110.48㎡(33.53坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

お問い合わせはコチラからお願いします。

家づくりをご検討されている皆さまへ

設計事務所での家づくり、疑問や不安をお持ちの皆さまへ
どのような考えで設計し、家づくりをしていくかをお話させていただくと同時に、
設計期間や工期、大よその総工費についてご説明させて戴く「事前相談」を行っております。
資料のみのご請求も可能です。

事前相談・資料請求