一枚一枚

白子の家

外壁の板を張る大工さん

南房総市「白子の家」は、昨日も外壁の杉板を張っていました。

大工さん曰く

「いや~、下見板張りは手間のかかる仕事だけど、

            手間をかけた分だけのことはあるよね」

と、大変だけど理にかなった外壁のつくりだし、しかも綺麗で

建て主さんも喜ぶと思うけど、自分自身も嬉しいというニュアンスが

会話から読み取れて、私も嬉しくなりました。


一方、内部では棟梁が床の板を張っていました。

床板を張る棟梁

外壁も床板も“一枚一枚”手で張る仕事です。

もう、張るたびに手仕事が残されていく光景に、

なんとも言えない喜びを感じます。


軒桁と母屋と棟木と垂木と軒天

化粧垂木と軒天と外壁

外壁下見板張り南側

素朴な外観が出来つつあります。


加工済みの内部枠

内部の枠材も加工が終わり、そろそろ取付が始まるところまできました。

来年の3月中旬お引渡しを目指して、頑張っています。




「白子の家」

白子の家2回目模型木製全開サッシ正面

千葉県南房総市

家族構成:夫婦+子供2人

構造規模:木造平屋建て(一部ロフト)

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997


お問合せ

住宅相談会・勉強会
※来年から相談会も行います。また、テーマはお選びいただけるようにしました。

住宅勉強会

欲しい情報届けます!
じっくりとお話を伺い、お越し戴いた方の
疑問や不安にピンポイントで
お応えします。

住宅勉強会